イワシのさっぱり南蛮漬け

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
L'atelier de SHIORI 薬膳レッスン担当講師
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
L’ATELIER de SHIORI の薬膳レッスン
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:イワシ

材料(2人分)

イワシ
2尾
タマネギ
1/4個
大葉
3枚
ミョウガ
1個
a.水
150ml
a.しょう油
大さじ2
a.酢
大さじ1
a.さとう
小さじ2
a.塩
ふたつまみ
片栗粉
適量
サラダ油
大さじ3
白すりゴマ
適量
こしょう
適量

作り方

1) タマネギはごく薄切りにする。 2) 大葉は千切りにする。 3) ミョウガは小口切りにする。 4) イワシはおろして食べやすい大きさに切り、塩(分量外)をふり10分置く。 5) イワシの水気をキッチンペーパーでよく拭き取り、両面にこしょうを振り、片栗粉をまぶす。 6) フライパンにサラダ油を熱し、皮面からイワシを並べて中火で両面揚げ焼きにする。軽く焼き色がついたらバットなど深さのある器に取り出し、上にタマネギを並べる。 7) 別の鍋にaを合わせて加熱し、沸騰したら6)にかける。 8) 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やし、器に盛って大葉とミョウガ、すりゴマをトッピングする。

作者コメント

イワシは心に効く様々な効能をもった食材です。心の司る血の流れを助けます。また、心に充実した血液が流れることで、私たちは安定した思考力や精神を保つとされています。そんな思考力を健やかに保ち、精神を落ち着かせるのもイワシの特徴です。 夏は日が延び気温もあがり、体のすべてが活発になりやすいとき。そんな時は心が不安定になりがちなので、イワシでぜひ心の働きを助けてあげてください。暑い時期にも食べやすい、さっぱり薬味のきいた南蛮漬けです。

Summary
recipe image
レシピ名
イワシのさっぱり南蛮漬け
作者
Published On