シシトウのおひたし

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
料理研究家
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
齋藤菜々子Instagram @nanako.yakuzen
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。 現在、東京自由が丘にて薬膳の料理教室を開催中。レッスンの詳細、ご応募はインスタグラムをご覧ください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:シシトウ

材料(2人分)

シシトウ
1パック
a.めんつゆ(3倍濃縮)
大さじ2と1/2
a.水
200ml
a.さとう
小さじ1
a.おろしショウガ
大さじ1
サラダ油
小さじ1

作り方

1) シシトウはヘタの先を少し切り、竹串で数か所穴を開ける。 2) フライパンにサラダ油を熱しししとうを並べ、焼き色がつくまであまり触らずに焼く。 3) aを加え2~3分煮立たせたらそのまま10分ほどおいて味を馴染ませる。器にもり、かつお節を散らす。冷やしてもおいしい。

作者コメント

シシトウは肝の活発になりすぎている動きを落ち着かせる働きがあります。 イライラする、怒りっぽい、脇腹に痛みが走る、目が赤くなるなどの症状がでたら肝が興奮している証拠です。 血の流れもよくなるので、疲れ目やドライアイなどにもおすすめの食材です


Summary
recipe image
レシピ名
シシトウのおひたし
作者
Published On