タマネギ入りピーマンのジョン

このレシピの作者

宮川 昌子
氏名
宮川 昌子
ふりがな
みやかわ まさこ
所属
韓薬膳 かりん 主宰
有資格
国際中医師 国際中医薬膳師 韓食調理技能士(韓国) 薬膳マスター(韓国)
想い
私たちの身体を主に作っているのは日々口にする食べ物です。日々変わる季節ごとにどのような食物を食べていったらよいか、またその効能についてやアンチエイジングの考え方など、韓国に駐在して薬食同源の韓国料理を習い興味が広がっていきました。その季節に合った食物を使い、美味しく無添加の身体に良い食べ物を作っていきたいと思っています。
PR
薬膳的韓国ソウルごはん
本格的的な韓国料理の味はそのままに、薬膳の考えを取り入れつつ、手軽に使える季節の野菜を使った「薬膳的韓国料理」を作っていきます。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:ピーマン

材料(2人分)

ピーマン
2個
牛ひき肉
100g
木綿豆腐
50g
小麦粉
適量
1個(黄身1個分と白身大さじ1)
a. タマネギのみじん切り 
大さじ1/2
a. ニンニクのみじん切り 
大さじ1/4
a. すりゴマ
小さじ1/2
a. ゴマ油
小さじ1/2
a. こしょう
少々
◆飾り
ナツメ
1個
◆酢醤油
b. しょう油
大さじ1
b. さとう
大さじ1
b. 酢
大さじ1
b. スダチ果汁
小さじ1

作り方

1) ピーマンはへたを取り、1cmぐらいの輪切りにして内側に小麦粉をふる。 2) 水分を絞った木綿豆腐をボールに入れ、牛肉と調味料 a をいれよく混ぜ合わせる。 3) ピーマンに 2) を 詰めていき、真中を心もちへこませる。 4) ナツメは小さなダイヤモンド型に切る。 5) 小麦粉をピーマンの両面につけ、卵の黄身1つに対して白身大さじ1を入れたとき卵につけて、ナツメを片面に乗せ両面を焼く。 6) お皿に盛り、bを和えた 酢醤油を添える。

作者コメント

ジョンとはチヂミともいわれ、切った食材に味付けをし、小麦粉や卵をつけ油で焼いた韓国料理です。 現代の人々は、ストレスによって肝鬱になりやすいので、ピーマンやタマネギで肝気の巡りを良くします。又疲れや過労、睡眠不足などで肝血を消耗するので卵と牛肉で肝血を補ってあげると良いです。

Summary
レシピ名
タマネギ入りピーマンのジョン
作者
Published On