香味野菜たっぷりピーマンの肉詰め

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
L'atelier de SHIORI 薬膳レッスン担当講師
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
L’ATELIER de SHIORI の薬膳レッスン
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:ピーマン セロリ

材料(2人分)

ピーマン
4個
ニンジン
1/4本
セロリ
10cm
a.合挽き肉
150g
a.乾燥オレガノ
小さじ1/4
a.塩
小さじ1/3
a.粗挽き黒こしょう
適量
a.卵
1/2個
薄力粉
適量
サラダ油
小さじ1/2、大さじ1/2
b.ケチャップ
大さじ2
b.中濃ソース
大さじ1
b.粒マスタード
大さじ1

作り方

1) ピーマンは縦半分に切り、ヘタは残して種とわたを除く。 2) ニンジンとセロリは細かいみじん切りにし、サラダ油小さじ1/2をまぜ耐熱の皿に乗せ、600Wのレンジで2分加熱して粗熱をとる。 3) ソースとしてbを合わせておく。 4) セロリ、ニンジン、aをボウルに合わせ粘りが出るまでよくこねる。ピーマンの内側に薄力粉を薄くはたき、肉だねをしっかり隅までつめる。 5) フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、ピーマンを肉詰めした面から入れる。中火で焼き色がつくまで焼く。返して蓋をし弱めの中火で3分蒸し焼きにする。 6) 皿に盛り、3)のソースをかける。

作者コメント

ピーマンとセロリには、平肝といって高ぶりやすい肝の働きを正常に落ち着かせる効能があります。頭痛や赤ら顔、目の充血やのどの渇き、のぼせ、イライラなどの症状は肝が高ぶっているときの症状なので、効果が期待できます。肝を落ち着かせるものは、セロリやピーマンのように、苦味や香りのつよい食材が多いのも特徴です。イライラ怒りっぽい時などは、食べるアロマのような気持ちでぜひ食べてみてください。 焼くと肉だねは縮むので、表面が少し盛り上がるくらいしっかりと詰めるのがポイントです。

Summary
recipe image
レシピ名
香味野菜たっぷりピーマンの肉詰め
作者
Published On