エビとゴボウのマヨネーズ和え

このレシピの作者

安井 マリナ
氏名
安井 マリナ
ふりがな
やすい まりな
所属
美食薬膳Labo 主宰
有資格
国際中医薬膳師 調理師
想い
薬膳とは自分と向き合い、自分を大切にすることだと思っています。 私は元々食べることが大好きなのですが、高校生の時に食事制限のダイエットをしたことがあります。体重はどんどん落ちましたが、様々な体のトラブルを体験しました。アメリカへ留学した際には食べ物がガラリと変わり、今度はみるみる体重が増えていきました。 体はとても正直で、食べた物や心の状態まで映し出します。 中医学や薬膳を学び始めて、それまで持っていた知識とは全く違う食材の性質や効能を知り驚きました。一概に薬膳と言っても、それぞれの体質や季節によって体が喜ぶ食材は変わります。薬膳で使う食材は、高級食材や、手に入りにくいもの、薬の味がするものではないかとよく聞かれます。しかし、スーパーで買える食材を使用し、普段使っている調味料で調理し、毎日続けられることが大事だと考えています。 体に良いのはもちろんのこと、体と心はつながっているので、美味しく頂かなくては心も喜びません。体も心も喜び、健康な毎日を過ごせるようお手伝いできれば幸いです。
PR
美食薬膳Labo
東洋医学をベースとしたホリスティックケアを学べる授業クラスを開催。少人数制で質の高い丁寧な指導が好評です。体験クラスもありますので東洋医学や薬膳について興味があるという方はぜひお試しください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:エビ ゴボウ

材料(2人分)

ゆでエビ
60g
ゴボウ
100g
少々
こしょう
少々
七味唐辛子
少々
片栗粉
少々
オリーブ油
大さじ1
マヨネーズ
大さじ1
パセリ
適量
糸唐辛子
お好みで

作り方

1) ゴボウは斜め切りにし、20分程水にさらしアクをとる。 2) エビは尻尾を取っておく。 3) パセリは刻んでおく。 4) ゴボウの水気を切り、塩、こしょう、七味唐辛子で下味をつけ、最後に片栗粉をまぶす。 5) フライパンにオリーブ油をひき、ゴボウを火が通るまで炒める。 6) ボウルに、エビ、炒めたゴボウ、マヨネーズ、刻みパセリを入れ和える。 7) 塩、こしょうで味を整え、お好みで糸唐辛子をのせて完成。

作者コメント

エビは温性で冷えを取り、熱を維持するのに必要な気も補ってくれます。下味で使う唐辛子は熱をもちますが、ゴボウが余分な熱を冷ましてくれます。パセリも肝に必要な血を補い血流を良くしてくれます。 また、エビと唐辛子には食欲を増進させる作用があるので食欲がない方にもオススメです。

Summary
recipe image
レシピ名
エビとゴボウのマヨネーズ和え
作者
Published On