長イモとろとろ汁

このレシピの作者

安井 マリナ
氏名
安井 マリナ
ふりがな
やすい まりな
所属
美食薬膳Labo 主宰
有資格
国際中医薬膳師 調理師
想い
薬膳とは自分と向き合い、自分を大切にすることだと思っています。 私は元々食べることが大好きなのですが、高校生の時に食事制限のダイエットをしたことがあります。体重はどんどん落ちましたが、様々な体のトラブルを体験しました。アメリカへ留学した際には食べ物がガラリと変わり、今度はみるみる体重が増えていきました。 体はとても正直で、食べた物や心の状態まで映し出します。 中医学や薬膳を学び始めて、それまで持っていた知識とは全く違う食材の性質や効能を知り驚きました。一概に薬膳と言っても、それぞれの体質や季節によって体が喜ぶ食材は変わります。薬膳で使う食材は、高級食材や、手に入りにくいもの、薬の味がするものではないかとよく聞かれます。しかし、スーパーで買える食材を使用し、普段使っている調味料で調理し、毎日続けられることが大事だと考えています。 体に良いのはもちろんのこと、体と心はつながっているので、美味しく頂かなくては心も喜びません。体も心も喜び、健康な毎日を過ごせるようお手伝いできれば幸いです。
PR
美食薬膳Labo
東洋医学をベースとしたホリスティックケアを学べる授業クラスを開催。少人数制で質の高い丁寧な指導が好評です。体験クラスもありますので東洋医学や薬膳について興味があるという方はぜひお試しください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:長イモ

材料(2人分)

長イモ
200g
とろろ昆布
6g
だし汁
400ml
めんつゆ
大さじ2
万能ネギ
適量

作り方

1) 長イモはすりおろしておく。 2) 万能ネギは小口切りにする。 3) 鍋にだし汁とめんつゆを入れ一煮立ちさせる。 4) 鍋に長イモ、とろろ昆布(トッピング用に少し残しておく)を加え30秒ほどかき混ぜながら煮る。 5) 全体的に混ざったら器に盛り、とろろ昆布、万能ネギをトッピングし完成。

作者コメント

長イモは肺を潤し、肺は皮膚とも関係しているので皮膚の乾燥などにも作用します。肺や皮膚を潤すことで、風邪をひきにくくします。また長イモは気を補う作用もあるので、全身の気を調節する肺の働きにはかかせません。ネバネバの長イモととろろ昆布は相性がよく、トロリとした口当たりで飲みやすいスープです。

Summary
recipe image
レシピ名
長イモとろとろ汁
作者
Published On