せき対策の大根と銀杏の黒酢炒め

このレシピの作者

佐々木 ひで美
氏名
佐々木 ひで美
ふりがな
ささき ひでみ
所属
薬膳発酵パン教室こむぎ主宰
有資格
国際中医薬膳師 健康管理士一般指導員 文部科学省後援 健康管理能力検定1級
学歴
北京中医薬大学日本校薬膳科 卒業 武蔵野美術大学造形学部 卒業
想い
私は、小麦粉と水のみが自然発酵したシンプルな天然酵母と、果物・根菜・芋・穀物を発酵させた滋養溢れる楽健寺酵母という2種類の酵母を使って、発酵食品としてのパン作りをしています。さらに日本の伝統食・発酵食・保存食などを日々の食事に活かした「ゆるっと薬膳」を取り入れながら、仕事も子育ても自分磨きも諦めないアラフォー女性を応援しています♫
 昨今「小麦」といえば、グルテンやアレルギーを連想し、食べると罪悪感を持ったり、好きだけど避けているという人は多いです。私も溢れる健康情報の中で、何を選択すべきかわからず「~すべき、~はダメ!」とストイックになり、食べることを楽しめない時期がありました。食べることは、本来人生の大きな喜びの一つ。私たち人間は、大自然に生かされています。感謝しながら「食べること=生きること」を楽しみ、自分の生命力を最大限発揮させ、家族や大切な人の笑顔を広げていくことが、私のミッションです!
PR
薬膳発酵パン教室 こむぎ
仕事や子育てで忙しいママやズボラさんでも簡単に取り入れられる 「ゆるっと薬膳」をご提案。身近な食材でできて栄養バランスも取れ、 毎日の食事作りが楽になると好評です♪家族が安心して食べられる、 こだわりの天然酵母を使ったパン作りも学べますよ。
「罪悪感なしで食べられるパンの秘密」を大公開! LINE@ご登録でプレミアム7大特典プレゼント♪
(こむぎ公式LINE@プレミアム7大特典 公開ページ)
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:ダイコン ギンナン

材料(2人分)

大根
300g
銀杏(水煮)
10粒ほど
長ネギ
10cm
輪切り赤唐辛子
適量
小さじ1/2
ゴマ油
大さじ1
花椒
10粒
黒酢
大さじ1

作り方

1) 大根は縦に太めの千切りにして、塩を振って10分ほどおき、水気を切る。 2) フライパンにゴマ油と花椒を入れて火にかけ、千切りにした長ネギを入れて炒める。唐辛子も加えてさらに香りを出す。 3) 大根を加えて透明感が出るまで炒め、銀杏も加えて黒酢と塩(適量)で味を整える。

作者コメント

一年中出回っている大根は、最も古くから栽培されている野菜で種類も豊富ですが、冬の大根は中国では「小人参」と呼ばれ、栄誉価が特に高いといわれています。胃腸によく、食べ過ぎた時に消化を助けてくれる他、大根は加熱することで涼性から平性に。黒酢と合わせることで体を温めてくれます。銀杏は「白果」と呼ばれ、肺を潤し、から咳にもいい食材ですよ。ただし生食は中毒になり、小毒があるので食べ過ぎには注意してください。

Summary
recipe image
レシピ名
せき対策の大根と銀杏の黒酢炒め
作者
Published On