秋の白和え

このレシピの作者

吉田 美枝子
氏名
吉田 美枝子
ふりがな
よしだ みえこ
所属
薬膳教室 吉田食堂主宰
有資格
国際中医師、国際中医薬膳師、中医気功整体師、ワインアドバイザー
想い
忙しい現代女性はすぐに「じゃぁ何食べればいいの!」と結論を急ぎがちですが、薬膳はオーダーメイド。一人一人によっておすすめの食材は変わってきます。また食事の前に生活習慣を見直すことも大切です。
食べ物だけでなく日々の養生を学べる教室を続けていけたらと考えています。
PR
食べるだけの薬膳教室「吉田食堂」
薬膳、中医学の話と共にお食事をお召し上がりいただきます。 難しい生薬は使わず、日常の食事の考え方のヒントになるようなお食事をご提案。
お料理教室はハードルが高くて…と思いがちな現代女性に食事を楽しみながら健康について考えるきっかけをご提供します。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:ユリネ

材料(2人分)

ユリ根(乾燥)
30g
白シメジ
1/2パック
木綿豆腐
半丁
白みそ
大さじ1
白ゴマペースト
大さじ1/2
薄口しょう油
小さじ1/2
菊花
少々
米酢(菊花甘酢用)
大さじ2
黒砂糖(菊花甘酢用)
大さじ1/2

作り方

1) ユリ根は水で戻し黒いところは外しさっと下ゆでをして一口大に切る。白シメジはさっと下ゆでして水気を切っておく。菊花はお酢を入れたお湯でさっとゆで冷水にとったあとよくしぼって米酢と黒砂糖を合わせた甘酢につけておく。 2) 水気をよく切った豆腐に白ゴマペースト、白みそ、薄口しょう油を合わせスティックミキサーでなめらかにする。 3) いただく直前に 1) と 2) を合わせ、甘酢漬けの菊の水気をしぼってあしらう。

作者コメント

ユリ根は秋に乾燥しやすい肺を潤し乾燥から来る咳に効果のある食材です。また熱病の後に起こる気持ちの揺れや不眠なども落ち着かせてくれます。和え衣に使う豆腐、白ゴマも体を潤す食材です。肺は乾燥を嫌う臓器。秋は肺、体を潤すのが薬膳の基本です。

Summary
recipe image
レシピ名
秋の白和え
作者
Published On