マグロとアボカドの香味ユッケ

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
L'atelier de SHIORI 薬膳レッスン担当講師
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
L’ATELIER de SHIORI の薬膳レッスン
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:マグロ アボカド

材料(2人分)

マグロ
1柵(約150g)
アボカド
1/2個
タマネギ
1/8個
a.ゴマ油
大さじ1
a.みそ
小さじ1
a.しょう油
小さじ1と1/2
a.おろしニンニク
少々
卵黄
2個分
青ジソ
3枚
白いりゴマ
適量

作り方

1) マグロは塩(分量外)を振って10分おいたあと水気をよくふき1.5cm角に切る。 2) アボカドは皮と種をのぞき、1.5cm角に切る。 3) タマネギはごく薄くスライスし、5分水にさらし水気をよくしぼる。 4) 青ジソは千切りにする。 5) ボウルにaを合わせておく。 6) 1)~3)を5)と和える。 7) 器に盛り、中央に青ジソ、卵黄をのせ、白ゴマを散らす。

作者コメント

マグロは体を温め、肝に必要な血液を作る作用もあります。 相性抜群のアボカドも、肝機能を助け、便秘や疲労回復にも効果が期待できます。卵黄も血液を作るので、肝が疲れている方や、貧血にお悩みの方にもおすすめです。 肝がコントロールする気の巡りは、タマネギや青ジソなど、香りの強いものによりスムーズにすることができます。イライラしたり、脇腹の突発的な痛みや喉のつかえが気になる人は、気の巡りが滞っている可能性が。 香りのもので肝を助け、のびのび気持ち良く過ごしましょう。

Summary
recipe image
レシピ名
マグロとアボカドの香味ユッケ
作者
Published On