カジキマグロと青ジソの春巻き

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
料理研究家
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
齋藤菜々子Instagram @nanako.yakuzen
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。 現在、東京自由が丘にて薬膳の料理教室を開催中。レッスンの詳細、ご応募はインスタグラムをご覧ください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:カジキマグロ

材料(2人分)

カジキマグロ
2切れ
青ジソ
10枚
春巻きの皮
10枚
ヤマイモ
4センチ
しばづけ
50g
ポン酢
適量
a.薄力粉
小さじ2
a.水
小さじ1と1/2

作り方

1) ヤマイモは皮を剥き1センチ幅の棒状に切る。カジキマグロは縦に1.5センチ幅に切る。青ジソは茎を落とす。aを合わせ、のりを作る。 2) カジキマグロに塩を振る。春巻きの皮をまな板にざらついた面が上になるように、ひし形におく。皮の手前にカジキマグロ1切れとヤマイモを同じ長さになるように並べ、その上にしば漬けをのせる。手前からひと巻きしたら両端を折りたたみ、青ジソを横向きに置いてそのままきつく巻く。巻き終わりをaののりで閉じる。 3) 鍋にサラダ油を中温に熱し、2)をきつね色になるまで4分間揚げる。器に盛りポン酢をつけて食べる。

作者コメント

カジキマグロは、イライラしたりストレスで傷みやすい肝をケアしてくれます。 青ジソのように香り高いものは、体の中の巡りをスムーズにしストレスを和らげてくれる効能が。 食べやすい白身なので、青ジソやしば漬けなどのさっぱり味と相性抜群です。 切り身で売られており下処理もいらないのでとても簡単です。ぜひ作ってみてくださいね。


Summary
recipe image
レシピ名
カジキマグロと青ジソの春巻き
作者
Published On