ヒジキとエダマメのだし巻き卵

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
L'atelier de SHIORI 薬膳レッスン担当講師
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
L’ATELIER de SHIORI の薬膳レッスン
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:ヒジキ

材料(2人分)

ヒジキ(乾燥)
2g
エダマメ(むき実)
大さじ2
3個
a.だし汁
大さじ2
a.塩
ふたつまみ
a.さとう
ふたつまみ
サラダ油
適量
大根おろし
お好みで
しょう油
お好みで

作り方

1) ヒジキは袋の表示通り水で戻し、ザルにあげ水気を切っておく。 2) 卵をよく溶き、ヒジキ、エダマメ、aの材料をボウルに合わせ混ぜて卵液をつくる。 3) 卵焼き器をよく熱し、サラダ油をキッチンペーパーで薄く塗る。   卵液の半量を流し入れ火を弱火に落とし、奥から手前に巻いていく。巻けたら再びサラダ油を塗り、残りの卵液を流し入れて同様に焼く。 ※エダマメは形が残るので、内部にくるようになるべく前半の巻きに含ませる。かつ卵液を流し入れたときにまんべんなく散らす。後半はヒジキと卵液でなめらかな表面になるよう巻いていく。 4) 焼けたら、まきすあるいはキッチンペーパーで巻いて形を整え、粗熱がとれたら4等分に切る。 5) 皿に盛り、お好みで大根おろし、しょう油を添える。

作者コメント

ヒジキには体内の固いものを流す力が。血液をサラサラにし血栓、動脈硬化の予防ができます。 血を作り髪にも養分を与えるので、アンチエイジングにもなる食材です。 エダマメも腎をいたわり、血をつくる働きが。疲労、便秘、美肌などにも効果的です。 卵も血を作る食材なので、肌や髪、女性に嬉しい食材で作った卵焼きです。 卵焼きにマンネリしている方は、ぜひ試してみてくださいね。

Summary
recipe image
レシピ名
ヒジキとエダマメのだし巻き卵
作者
Published On