豚バラとどんこの煮物

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
L'atelier de SHIORI 薬膳レッスン担当講師
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
L’ATELIER de SHIORI の薬膳レッスン
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:豚肉 干しシイタケ

材料(2人分)

豚バラブロック肉
250g
干しシイタケ(どんこ)
4枚
ニンジン
1/2本
ゴボウ
1/2本
キヌサヤ
5枚
サラダ油
大さじ1
a.干しシイタケの戻し汁
300ml
a.しょう油
大さじ1と1/2
a.さとう
大さじ1
a.酒
大さじ1
a.みりん
大さじ1
ゴマ油
小さじ1
b.しょう油
大さじ1/2
b.みりん
大さじ1/2

作り方

1) 豚バラ肉は1cm幅に切る。 2) 干しシイタケは水350ml(分量外)に浸してやわからくなるまで戻し、しっかり水気をしぼって2等分に切る。(戻し汁が300mlに満たない場合は分量まで水を足す。) 3) ニンジンとゴボウは皮をむき、小さめの乱切りにする。 4) キヌサヤは筋をとり、ななめ半分に切る。 5) 鍋にサラダ油を熱し、豚肉に軽く焼き色がつくまで焼く。 6) ニンジン、ゴボウ、干しシイタケを加える。全体に油が回ったらaを加え、沸騰したら落とし蓋をして弱めの中火で15分煮る。 7) 落とし蓋をはずしてbを加え、中火で10分、煮汁が約半量になるまで時々混ぜながら煮る。 8) キヌサヤ、ゴマ油を加えて1〜2分煮たて、器に盛る。

作者コメント

豚肉は腎をいたわり、体力をつけ、体を潤わせ血も補います。空咳や、疲れやすい方、貧血、便秘の方などにおすすめです。 豚バラ肉は柔らかく、脂身も多いので腸のすべりをよくしてくれます。脂の気になる方は肩ロースなどで作っていただいても大丈夫です。 干しシイタケ(どんこ)も腎に効く食材です。老化防止やガン予防の効果があります。 気も補うので、なんだかやる気がわかない、疲れやすい、息切れしやすいと感じている方もたっぷり食べてみてください。 腎に効く食材は、どんこのように黒い食材が多いのも特徴です。

Summary
recipe image
レシピ名
豚バラとどんこの煮物
作者
Published On