和さんしょう香るシジミのみそ汁

このレシピの作者

井村 真沙子
氏名
井村 真沙子
ふりがな
いむら まさこ
所属
薬膳カレー&薬膳料理 香食楽(かくら) 代表/シェフ
有資格
国際中医薬膳師 栄養士 ジュニア野菜ソムリエ 雑穀エキスパート カレーマイスター
想い
美味しくて、元気になれる料理を提供するお店を開く”という夢を持ち、カレー店などで修業を積んでいました。カレーを選んだ理由は、私自身が大好きだったことと、自分の想いを一皿で表現できると思ったからです。そんな夢あふれる修業当時、更年期のような症状が現れ、体を壊してしまうことがありました。どうしたものかと困っていたときに、子供の頃から体調が悪くなると漢方薬を飲んでいたことを思い出し、試してみたところ、徐々に治っていきました。その経験から、同じような悩みを抱える方に、生薬を入れた“薬膳カレー”を作れないかと思ったのです。それから試行錯誤し、10年もの研究を重ねて、ようやく香食楽のオリジナル薬膳カレーを完成させました。 いまは、薬膳カレーを食べに来てくださるお客様たちが、「少しでも元気になってもらいたい」「笑顔になってもらいたい」と思いながら、お店を切り盛りしています。常連の方が二日酔いで来られたときは、肝を補うセロリをこっそりトッピングするなど、元気の手助けができるように心がけています。
PR
薬膳カレー&cafe 香・食・楽
食べログのカレー100名店にも選ばれた人気店。 「現代栄養学(栄養士)」と「東洋医学の薬膳学(国際薬膳師)」の知恵を生かした香食楽ならではの薬膳カレーは他では味わうことができない、カラダが喜ぶ一皿です。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:シジミ

材料(2人分)

シジミ
250g
だし汁(昆布かつおだし)
500ml
大さじ1
小さじ1
みそ
大さじ2~
和さんしょう
少々
ミツバ
適量

作り方

1) シジミは1%の塩水につけてペーパーなどで軽くフタをして砂出しする。(夏3時間、冬5~6時間くらい) 2) 砂出ししたシジミを流水にあてながら洗い、ザルにあげる。 3) 鍋にだし汁、シジミを入れ、火にかける。アクが出たらすくい出す。 4) シジミの殻が開いたら酒と酢を加え、みそを溶き入れて、沸騰直前で火を止める。 5) お椀にそそぎ、和さんしょうをふってミツバをのせる。

作者コメント

シジミは腎機能を補い、水分代謝を促します。肝にもよく、渇きをいやし、二日酔いにも有効で、肝の薬といわれるほどです。 シジミは寒性で身体を冷やすので、腎を補い身体を温めるみそ汁にしました。 和さんしょうにも身体を温める効果があり、みそと和さんしょうは腹の冷えに効果的です。 ☆ポイント 酢を加えることでシジミのカルシウム吸収率がUPします。 また、シジミは放置・冷凍するとうまみ成分(コハク酸、グルタミン酸)と栄養価(オルニチン)がUPします。 2)の段階で、バットに並べ濡れたキッチンペーパーなどをかけて3時間ほど放置、又はフリーザーバックなどに入れて冷凍すると、うまみ成分・栄養価がUPし、さらに美味しく召しあがれますよ。

Summary
recipe image
レシピ名
和さんしょう香るシジミのみそ汁
作者
Published On