ロールキャベツ マッシュルームクリームソース

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
L'atelier de SHIORI 薬膳レッスン担当講師
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
L’ATELIER de SHIORI の薬膳レッスン
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:キャベツ マッシュルーム

材料(2人分)

キャベツ
大4枚
マッシュルーム
3~4個
a.合挽き肉
200g
a.タマネギ
1/4個
a.パン粉
大さじ3
a.牛乳
大さじ2
a.卵
1個
a.塩
小さじ1/2
a.ナツメグ
小さじ1/8
固形コンソメ
1個
生クリーム
100ml
牛乳
100ml
おろしニンニク
少々
バター
10g
薄力粉
10g
粗挽き黒こしょう
適量
パセリ(みじん切り)
適量

作り方

1) キャベツは硬い芯をうすくそぎ落として熱湯で1分ゆで、水気を切る。 2) マッシュルームは石づきを落とし2〜3mm幅の薄切りにする。 3) タマネギはみじん切りにする。 4) ボウルにaを合わせ、粘りが出るまでよくこねたら、4等分し俵型に成形する。 5) 4)の肉だねをキャベツの内側の芯の上にのせ手前からきつく1周巻く。左片側をたたみ、そのまま終わりまで巻き、最後に右の残したもう片側を内側に詰め込む。残り3個も同様に作る。 ※葉がやぶれている場合は小さな葉などを重ね、肉だねが漏れないように巻く。 6) ロールキャベツがちょうど入る小さめの鍋に、水300ml(分量外)とコンソメ1/2個、ロールキャベツを閉じ目を下にして入れ火にかけ、沸いたら落し蓋をし弱火で20分煮る。 7) 別のフライパンにバターを溶かしてマッシュルームを炒め、しんなりしたら薄力粉を入れ粉っぽさがなくなるまでなじませる。 8) 7)に牛乳と生クリーム、コンソメ1/2個、おろしニンニクを加えてとろみがつくまで煮詰め、塩(分量外)で味を整える。 9) 皿にロールキャベツを盛り、8)のクリームソースをかけ、仕上げに黒胡椒とパセリをふる。

作者コメント

キャベツは腎をいたわりながら、消化も助けてくれる食材。胃の調子の悪い時や、油ものなどで胃もたれしているときにもおすすめです。 マッシュルームも腎を健やかに保ちます。同時に便通にも効果があるので、便秘にお悩みの方にもおすすめです。

Summary
recipe image
レシピ名
ロールキャベツ マッシュルームクリームソース
作者
Published On