エビとカリフラワーのクルミ和え

このレシピの作者

關根 麻衣
氏名
關根 麻衣
ふりがな
せきね まい
所属
有資格
国際中医薬膳師 中医薬膳茶師 製菓衛生師
想い
「季節・場所・体質体調に合わせ、毎日、適量を摂る」 薬膳は、家庭で作る食事こそ、実践できるものであると思います。 なるべく手に入りやすい食材で、簡単に・美味しく・続けやすいメニューを心掛け、初めての方でも安心の基礎薬膳講座、さらに食材や季節の養生を学べる講座など、クラスによってご相談しながら少人数制のクラスを開催しています。(2名以上で催行) 薬膳やお菓子で、人生を楽しく、心を豊かに!そのお手伝いをできたらいいな、と思っております。
PR
薬膳とお菓子の教室tsukuu-ツクウ
日本中医学院 薬膳科講師
富士フイルム生活協同組合 薬膳教室講師
出張薬膳イベント開催
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:エビ

材料(2人分)

エビ(ブラックタイガーなど)
6匹
カリフラワー
1/2個
クルミ(炒ってあるもの)
30g
しょう油
大さじ1/2
さとう
大さじ1/2
紹興酒
小さじ2
大さじ1
少々

作り方

1) カリフラワーは葉と芯を落とし、小房に切り分ける。エビは殻と背ワタを取り、塩少々と片栗粉大さじ1(分量外)で揉んで汚れを吸着させ、流水でよく洗う。 2) 沸騰した湯に塩少々を加え、カリフラワーを1~2分茹でてザルにあげ、そのまま冷ます(水っぽくなるので、水にはつけない)。エビは沸騰した湯に紹興酒小さじ1をいれたら、エビを入れてすぐ火を止める。余熱で約2分、火が通ったらザルにあげて冷ます。 3) クルミをすり鉢などで粗めにすりつぶし、しょう油、さとう、紹興酒小さじ1、水を入れて混ぜ合わせ、必要なら塩少々を加える。 4) 3)のクルミの和え衣に、水気を切ったカリフラワー、エビを入れて和え、器に盛って完成。

作者コメント

カリフラワーは腎を補う効能があるとされています。また、エビとクルミは腎と関連の深い足腰に良いとされ、足腰が冷えて痛いときにオススメの食材です。 エビは予熱で火を通すと、プリプリの食感になります。クルミの和え衣は、すり鉢が無くても、ビニール袋などに入れて麺棒で潰しても良いです。紹興酒を入れると香りと味が深まりますので、是非加えて下さいね。


Summary
recipe image
レシピ名
エビとカリフラワーのクルミ和え
作者
Published On