黒ゴマ衣のチーズカツ

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
料理研究家
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
齋藤菜々子Instagram @nanako.yakuzen
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。 現在、東京自由が丘にて薬膳の料理教室を開催中。レッスンの詳細、ご応募はインスタグラムをご覧ください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:豚肉 黒ゴマ

材料(2人分)

豚ロース肉(とんかつ用)
2枚
スライスチーズ
1枚
a.薄力粉
50g
a.水
50ml
b.パン粉
50g
b.黒すりゴマ
大さじ3
b.おろしにんにく
少々
サラダ油
適量
塩、こしょう
適量
レモン(くし型切り)
お好みで

作り方

1) aとbをそれぞれ合わせておく。 2) 豚肉を手で抑え、赤身の部分に側面から切り込みを入れてポケットを作る。チーズを3つ折りにし、中にはさむ。塩、こしょうをふる。 3) a→bの順に衣付けをする。パン粉をつけたあとはしっかりと密着するよう全体を手で抑える。 4) 鍋にサラダ油を入れ熱し、中温の油で3をときどき返しながらきつね色になるまで揚げる。(約4分) 5) 揚げ網にとって油を切り、少し落ち着かせてから食べやすい幅に切る。好みでレモンを絞って食べる。

作者コメント

豚肉は、腎を労わってくれるもの。体を内側から潤しパワーをつけるので、アンチエイジングも期待できます。 腎を労わる食材は「黒」が多く、今回衣に加えた黒ゴマも腎を労わる食材です。他にも黒きくらげ、黒豆、黒米、など。腎が弱いと診断がでたり、アンチエイジングをしたい方はぜひ色々な料理に黒ゴマを取り入れてみてくださいね。 卵を使わずに液体衣で仕上げることで、ざくざくした食感に仕上がります。 しっかり油の温度を中温にあたためること(約170度。菜箸をいれると先端から小さな気泡が上がるくらい)、油にいれて直ぐはあまり触らないこともポイントです。


Summary
recipe image
レシピ名
黒ゴマ衣のチーズカツ
作者
Published On