煎り玄米の疲労回復スープ

このレシピの作者

佐々木 ひで美
氏名
佐々木 ひで美
ふりがな
ささき ひでみ
所属
薬膳発酵パン教室こむぎ主宰
有資格
国際中医薬膳師 健康管理士一般指導員 文部科学省後援 健康管理能力検定1級
学歴
北京中医薬大学日本校薬膳科 卒業 武蔵野美術大学造形学部 卒業
想い
私は、小麦粉と水のみが自然発酵したシンプルな天然酵母と、果物・根菜・芋・穀物を発酵させた滋養溢れる楽健寺酵母という2種類の酵母を使って、発酵食品としてのパン作りをしています。さらに日本の伝統食・発酵食・保存食などを日々の食事に活かした「ゆるっと薬膳」を取り入れながら、仕事も子育ても自分磨きも諦めないアラフォー女性を応援しています♫
 昨今「小麦」といえば、グルテンやアレルギーを連想し、食べると罪悪感を持ったり、好きだけど避けているという人は多いです。私も溢れる健康情報の中で、何を選択すべきかわからず「~すべき、~はダメ!」とストイックになり、食べることを楽しめない時期がありました。食べることは、本来人生の大きな喜びの一つ。私たち人間は、大自然に生かされています。感謝しながら「食べること=生きること」を楽しみ、自分の生命力を最大限発揮させ、家族や大切な人の笑顔を広げていくことが、私のミッションです!
PR
薬膳発酵パン教室 こむぎ
仕事や子育てで忙しいママやズボラさんでも簡単に取り入れられる 「ゆるっと薬膳」をご提案。身近な食材でできて栄養バランスも取れ、 毎日の食事作りが楽になると好評です♪家族が安心して食べられる、 こだわりの天然酵母を使ったパン作りも学べますよ。
「罪悪感なしで食べられるパンの秘密」を大公開! LINE@ご登録でプレミアム7大特典プレゼント♪
(こむぎ公式LINE@プレミアム7大特典 公開ページ)
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:玄米

材料(2人分)

玄米
75g(1/2号)
ゴマ油
大さじ1
600〜800ml(3〜4カップ)
少々

作り方

1) フライパンにゴマ油をひき火にかけ、玄米をじっくり炒める(パチパチ香ばしい色と音がして弾けてくるまで)。 2) 鍋に1) と水を入れて30分、じっくりコトコト煮ておかゆ状にして塩で味を整える。 3) ざるでこして、煎じた汁を温かいうちにいただく(残ったお米も食べられる)。

作者コメント

じっくり炒った玄米を煎じた疲労回復スープ。体力不足で消化器官が弱った時にも栄養を吸収しやすいです。体調が悪い時や、体が冷えている時に飲むと特に美味しく感じますよ。ゴマ油で炒めた玄米は、そのまま食べられるので(硬いおせんべいのよう)子どものおやつにも。ゴマ油を使うとコクが出ますが、さっぱりしたい時には空炒りして作ってください。水を入れて30分くらいコトコト煮る時に、梅干し1個を入れると飲みやすくなります。残ったスープは冷凍可能です。

Summary
recipe image
レシピ名
煎り玄米の疲労回復スープ
作者
Published On