懐かしの地粉ナムルお焼き

このレシピの作者

佐々木 ひで美
氏名
佐々木 ひで美
ふりがな
ささき ひでみ
所属
薬膳発酵パン教室こむぎ主宰
有資格
国際中医薬膳師 健康管理士一般指導員 文部科学省後援 健康管理能力検定1級
学歴
北京中医薬大学日本校薬膳科 卒業 武蔵野美術大学造形学部 卒業
想い
私は、小麦粉と水のみが自然発酵したシンプルな天然酵母と、果物・根菜・芋・穀物を発酵させた滋養溢れる楽健寺酵母という2種類の酵母を使って、発酵食品としてのパン作りをしています。さらに日本の伝統食・発酵食・保存食などを日々の食事に活かした「ゆるっと薬膳」を取り入れながら、仕事も子育ても自分磨きも諦めないアラフォー女性を応援しています♫
 昨今「小麦」といえば、グルテンやアレルギーを連想し、食べると罪悪感を持ったり、好きだけど避けているという人は多いです。私も溢れる健康情報の中で、何を選択すべきかわからず「~すべき、~はダメ!」とストイックになり、食べることを楽しめない時期がありました。食べることは、本来人生の大きな喜びの一つ。私たち人間は、大自然に生かされています。感謝しながら「食べること=生きること」を楽しみ、自分の生命力を最大限発揮させ、家族や大切な人の笑顔を広げていくことが、私のミッションです!
PR
薬膳発酵パン教室 こむぎ
仕事や子育てで忙しいママやズボラさんでも簡単に取り入れられる 「ゆるっと薬膳」をご提案。身近な食材でできて栄養バランスも取れ、 毎日の食事作りが楽になると好評です♪家族が安心して食べられる、 こだわりの天然酵母を使ったパン作りも学べますよ。
「罪悪感なしで食べられるパンの秘密」を大公開! LINE@ご登録でプレミアム7大特典プレゼント♪
(こむぎ公式LINE@プレミアム7大特典 公開ページ)
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:コムギ モヤシ

材料(2人分)

◆生地
a.地粉(中力粉)
100g
a.片栗粉
小さじ2
a.塩
2g
a.油
小さじ1
熱湯
55~60ml
◆モヤシナムル
モヤシ
150g(1袋弱)
人参
50g(1/3本)
少々
b.ニンニクすりおろし(チューブ可)
小さじ1
b.鶏ガラスープの素(顆粒)
小さじ1
b.輪切り唐辛子
お好みで
b.白炒りゴマ
小さじ2
b.しょう油
小さじ1/2
b.ゴマ油
少々
ゴマ油
適量

作り方

1) a を入れたボールに熱湯を少しずつ注ぎ、菜箸でぐるぐる混ぜる。耳たぶくらいの硬さの生地になるようこねる(やけど注意!)。生地が乾燥しないようラップに包んで寝かせる。 2) 千切りにした人参とモヤシに塩少々をまぶし、耐熱容器に入れ、ふわっとラップをして電子レンジで約2分加熱。上下をかき混ぜ粗熱が取れたら、手でギュッと水気をしっかり絞り、b を加え、和える(もやしナムルの完成)。 3) 1) で寝かせた生地を4等分し、めん棒で丸く伸ばし、2) のもやしナムルを包む(小4個分)。 4) フライパンにゴマ油を入れて温め、お焼きを焼く。キツネ色になったらひっくり返し、熱々のフライパンに水50ml(分量外)を入れて蓋をして蒸し焼きにする。

作者コメント

心や精神を安定させる働きのある小麦粉を使った、心がホッとする懐かしい雰囲気のお焼きです。小麦は、生薬の「小麦(しょうばく)」として漢方薬でも使われ、疲れやすく情緒不安定な人、集中力がない人にも適しています(特に全粒粉)。ちなみに地粉は日本の小麦を挽いた風味豊かな粉。なければ強力粉と薄力粉を半量ずつ合わせて作ってみてください。