レンコン餅のすりおろしあんかけ

このレシピの作者

安井 マリナ
氏名
安井 マリナ
ふりがな
やすい まりな
所属
美食薬膳Labo 主宰
有資格
国際中医薬膳師 調理師
想い
薬膳とは自分と向き合い、自分を大切にすることだと思っています。 私は元々食べることが大好きなのですが、高校生の時に食事制限のダイエットをしたことがあります。体重はどんどん落ちましたが、様々な体のトラブルを体験しました。アメリカへ留学した際には食べ物がガラリと変わり、今度はみるみる体重が増えていきました。 体はとても正直で、食べた物や心の状態まで映し出します。 中医学や薬膳を学び始めて、それまで持っていた知識とは全く違う食材の性質や効能を知り驚きました。一概に薬膳と言っても、それぞれの体質や季節によって体が喜ぶ食材は変わります。薬膳で使う食材は、高級食材や、手に入りにくいもの、薬の味がするものではないかとよく聞かれます。しかし、スーパーで買える食材を使用し、普段使っている調味料で調理し、毎日続けられることが大事だと考えています。 体に良いのはもちろんのこと、体と心はつながっているので、美味しく頂かなくては心も喜びません。体も心も喜び、健康な毎日を過ごせるようお手伝いできれば幸いです。
PR
美食薬膳Labo
東洋医学をベースとしたホリスティックケアを学べる授業クラスを開催。少人数制で質の高い丁寧な指導が好評です。体験クラスもありますので東洋医学や薬膳について興味があるという方はぜひお試しください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:レンコン

材料(2人分)

レンコン
200g
シシトウ
4本
ショウガチューブ
小さじ1/2
小さじ1/2
片栗粉
小さじ1
サラダ油
小さじ1
しょう油
小さじ2
さとう
小さじ1
白ゴマ
適量

作り方

1) レンコンはよく洗い皮ごとすりおろす。 2) すりおろしたレンコンは軽く絞り(絞り汁は取っておく)ショウガ、塩、片栗粉を加えこねる。 3) こねたタネを四等分し、それぞれ平らな円形にする。 4) シシトウは軽く洗いへたを取る。 5) フライパンにサラダ油をひきタネとシシトウを軽く焦げ目が付く程度に焼く。 6) 焼けたら取り出し、同じフライパンでレンコンの絞り汁、しょう油、さとうをとろみが出るまで煮詰める。 7) お皿にレンコン餅、シシトウを盛り付け、上から6)のあんをかけ白ゴマをふって完成。

作者コメント

レンコンは心の働きでかかせない血液を作ったり、胃の調子を整えてくれる食材です。レンコンを皮ごとすりおろし、絞った汁を使うことであますことなく栄養を摂取できます。シシトウは体を温め血の流れを良くする働きがあります。血を作り出し血流を整えると血色が良くなりお肌のツヤ感もアップします。

Summary
recipe image
レシピ名
レンコン餅のすりおろしあんかけ
作者
Published On