春雨のスープ

このレシピの作者

高橋 幸恵たかはし ゆきえ
氏名
高橋 幸恵
ふりがな
たかはし ゆきえ
所属
薬膳と発酵食の教室 白檀主宰
NPO法人全日本薬膳食医情報協会(Any協会)認定校
発酵食大学Ⓡ認定校
有資格
管理栄養士 国際中医薬膳師 発酵食エキスパート1級 食品衛生責任者 患者給食受託責任者
学歴
国立北京中医薬大学日本校中医薬膳専科卒業 日本中医学院(旧国立北京中医薬大学日本校)中医中薬専攻科在学中
想い
健康は、幸せな人生の土台だと思っています。健康でいるためには色々な方法があります。私は健康の基本は食事にあるとの思いで、大手給食委託会社で管理栄養士として勤務してまいりました。食事はとても重要だと実感しています。このような仕事に従事しているうちに、現代栄養学だけではなく、薬膳や発酵食を取り入れたら、もっと健康になれるのではないかと思うようになりました。そこで、薬膳(中医学)や発酵食についても学んでまいりました。 薬膳と発酵食の教室白檀では、現代栄養学、薬膳、発酵食の3つを通して健康になるお手伝いができたらいいなと思っています。
PR
薬膳と発酵食の教室 白檀主宰
管理栄養士の資格も持つ主宰者が、現代栄養学に薬膳や発酵食を組み合わせて健康と美容をサポート。薬膳コースの他、個別にじっくり相談できるオーダーメイドコースも好評です。

住所:〒330-0061さいたま市浦和区常盤1-5-1吉岡ビル2F
TEL/Fax:048-708-3267
Mobile:090-3074-3057

facebookはこちら
instagramはこちら
blogはこちら

プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:春雨

材料(2人分)

緑豆春雨(乾)
20g
干しエビ
7g
ホウレン草
40g
にんじん
40g
鶏がらスープの素
小さじ1
黒こしょう
少々
500cc

作り方

1) 春雨は熱湯で戻し、3cm幅に切る。 2) 干しエビは規定の水で戻す。(500cc) 3) ホウレン草は3cm幅に切り、にんじんも3cm幅の細切りにする。 4) 2)を沸騰させ、1)3)を加える。 5) 材料に火が通ったら、鶏がらスープの素、黒こしょうを加え、味を調える。

作者コメント

春雨は「心」の働きを助けます。 ホウレン草とにんじんも鉄分が豊富なので、「心」を安定させます。 中医学では、「血」を補うことで、不眠の改善をはかります。 なかなか眠れない方におすすめです。


Summary
recipe image
レシピ名
春雨のスープ
作者
Published On