牛タンの赤ワイン煮込み

このレシピの作者

安井 マリナ
氏名
安井 マリナ
ふりがな
やすい まりな
所属
美食薬膳Labo 主宰
有資格
国際中医薬膳師 調理師
想い
薬膳とは自分と向き合い、自分を大切にすることだと思っています。 私は元々食べることが大好きなのですが、高校生の時に食事制限のダイエットをしたことがあります。体重はどんどん落ちましたが、様々な体のトラブルを体験しました。アメリカへ留学した際には食べ物がガラリと変わり、今度はみるみる体重が増えていきました。 体はとても正直で、食べた物や心の状態まで映し出します。 中医学や薬膳を学び始めて、それまで持っていた知識とは全く違う食材の性質や効能を知り驚きました。一概に薬膳と言っても、それぞれの体質や季節によって体が喜ぶ食材は変わります。薬膳で使う食材は、高級食材や、手に入りにくいもの、薬の味がするものではないかとよく聞かれます。しかし、スーパーで買える食材を使用し、普段使っている調味料で調理し、毎日続けられることが大事だと考えています。 体に良いのはもちろんのこと、体と心はつながっているので、美味しく頂かなくては心も喜びません。体も心も喜び、健康な毎日を過ごせるようお手伝いできれば幸いです。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:牛タン 赤ワイン

材料(2人分)

牛タン
160g(厚切り5~6枚)
玉ネギ
中1/2個(100g)
赤ワイン
1/2カップ
ケチャップ
小さじ1
しょう油
小さじ1
さとう
小さじ1/2
サラダ油
大さじ1
バター
小さじ2
適量
こしょう
適量
粉チーズ
お好みで
ブロッコリー(付け合わせ)
お好みで
カボチャ(付け合わせ)
お好みで

作り方

1) 牛タンに塩こしょうで下味をつけておく。
2) 玉ネギは5㎜幅の薄切りにする。
3) フライパンにサラダ油をひき牛タンに軽く焦げ目が付く程度に焼き、一旦取り出す。
4) フライパンの油をさっと拭き取り、バターと玉ネギを入れ弱火で炒める。
5) 玉ネギが飴色になったら赤ワイン、ケチャップ、しょう油、さとう、牛タンを加え10~15分煮込む。
6) 最後にバターを入れ、味が足りなければ塩、こしょうで味を整える。
7)【付け合わせ】ブロッコリーは塩ゆでする。カボチャは薄切りにしグリルかトースターで軽く焦げ目が付く程度に焼く。
8) 皿にブロッコリー、カボチャ、牛タンを盛り付け、お好みで粉チーズをふりかけ完成。

作者コメント

牛タンは心に働きかけ、体に溜まった余分な熱や水分を排出してくれます。さらに眼精疲労にも作用するのでパソコンなどで目が疲れた時にもおすすめです。赤ワインは気を巡らせて心を落ち着かせてくれます。
心の働きは精神状態とも深く関わりがあります。緊張している時や不安なことがある時にも心の状態を和らげてくれる一品です。

Summary
recipe image
レシピ名
牛タンの赤ワイン煮込み
作者
Published On