東北地方の納豆汁

このレシピの作者

佐々木 ひで美
氏名
佐々木 ひで美
ふりがな
ささき ひでみ
所属
薬膳発酵パン教室こむぎ主宰
有資格
国際中医薬膳師 健康管理士一般指導員 文部科学省後援 健康管理能力検定1級
学歴
北京中医薬大学日本校薬膳科 卒業 武蔵野美術大学造形学部 卒業
想い
私は、小麦粉と水のみが自然発酵したシンプルな天然酵母と、果物・根菜・芋・穀物を発酵させた滋養溢れる楽健寺酵母という2種類の酵母を使って、発酵食品としてのパン作りをしています。さらに日本の伝統食・発酵食・保存食などを日々の食事に活かした「ゆるっと薬膳」を取り入れながら、仕事も子育ても自分磨きも諦めないアラフォー女性を応援しています♫
 昨今「小麦」といえば、グルテンやアレルギーを連想し、食べると罪悪感を持ったり、好きだけど避けているという人は多いです。私も溢れる健康情報の中で、何を選択すべきかわからず「~すべき、~はダメ!」とストイックになり、食べることを楽しめない時期がありました。食べることは、本来人生の大きな喜びの一つ。私たち人間は、大自然に生かされています。感謝しながら「食べること=生きること」を楽しみ、自分の生命力を最大限発揮させ、家族や大切な人の笑顔を広げていくことが、私のミッションです!
PR
薬膳発酵パン教室 こむぎ
仕事や子育てで忙しいママやズボラさんでも簡単に取り入れられる 「ゆるっと薬膳」をご提案。身近な食材でできて栄養バランスも取れ、 毎日の食事作りが楽になると好評です♪家族が安心して食べられる、 こだわりの天然酵母を使ったパン作りも学べますよ。
「罪悪感なしで食べられるパンの秘密」を大公開! LINE@ご登録でプレミアム7大特典プレゼント♪
(こむぎ公式LINE@プレミアム7大特典 公開ページ)
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:ナットウ

材料(2人分)

納豆
2パック(ひきわりが潰しやすい)
大根
70g
人参
50g
里芋
150g
なめこ
1袋
キノコ(舞茸、しめじなど)
50g
だし汁(煮干し、昆布など)
3カップ(600ml)
みそ
大さじ4
長ネギ
5cm

作り方

1) 納豆をすり鉢で、粒がなくなるまですり潰す。白っぽくもったりするまですると良い。 2) 里芋は皮をむいて一口大に、大根と人参は銀杏切りにしたものを、だし汁で柔らかくなるまで煮て、なめこや他のキノコも加える。 3) みそで味をつけたら一度火を止め、1) のすり鉢に2) のみそ汁を少しずつ加え、納豆を溶かして鍋に戻す。再び加熱し、沸騰する前に火を止め、器に盛って刻んだネギを散らして完成。

作者コメント

大豆が発酵した納豆は、体を温め胃腸の働きを整えてくれる他、血液をサラサラにしてくれます。この納豆汁は、私が幼い頃に秋田県出身の父が大鍋いっぱいに作ってくれました。家庭によりシンプル納豆汁もあるようですが、私の実家では具沢山で栄養たっぷり!家族交代で納豆をすりつぶす風景はお祭りのよう(笑)。大きなお椀で何杯もおかわりし、心も体も温まり元気になりました。みそと納豆は沸騰させると風味が飛んで美味しくないので、最後、火を止めるタイミングは注意してくださいね。