セロリのマスタード和え

このレシピの作者

吉田 美枝子
氏名
吉田 美枝子
ふりがな
よしだ みえこ
所属
薬膳教室 吉田食堂主宰
有資格
国際中医師、国際中医薬膳師、中医気功整体師、ワインアドバイザー
想い
忙しい現代女性はすぐに「じゃぁ何食べればいいの!」と結論を急ぎがちですが、薬膳はオーダーメイド。一人一人によっておすすめの食材は変わってきます。また食事の前に生活習慣を見直すことも大切です。
食べ物だけでなく日々の養生を学べる教室を続けていけたらと考えています。
PR
食べるだけの薬膳教室「吉田食堂」
薬膳、中医学の話と共にお食事をお召し上がりいただきます。 難しい生薬は使わず、日常の食事の考え方のヒントになるようなお食事をご提案。
お料理教室はハードルが高くて…と思いがちな現代女性に食事を楽しみながら健康について考えるきっかけをご提供します。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:副菜

メイン食材:セロリ

材料(2人分)

セロリ
1本
フレンチマスタード
大さじ1
小さじ1
ゴマ油
小さじ1
少々
こしょう
少々
さとう
少々

作り方

1) セロリは洗って筋を取り、太目の拍子木切りにし、さっと茹でる。 2) フレンチマスタード、酢、塩、こしょう、ゴマ油を合わせて味をみる。酸味が苦手な方はさとうを少々加えて調える。 3) 粗熱のとれた1) に2) を合わせて完成。

作者コメント

肝は剛臓と呼ばれ、強い臓器で伸びやかなのが正常です。肝の気がうまく働かず鬱々として滞った時、動きたくても動けないことから熱を持つことが多いのです。 セロリはそんな時の肝の熱を冷ましてくれる食材です。独特の香りで気の巡りもよくなります。

Summary
recipe image
レシピ名
セロリのマスタード和え
作者
Published On