イワシのパン粉焼き

このレシピの作者

井村 真沙子
氏名
井村 真沙子
ふりがな
いむら まさこ
所属
薬膳カレー&薬膳料理 香食楽(かくら) 代表/シェフ
有資格
国際中医薬膳師 栄養士 ジュニア野菜ソムリエ 雑穀エキスパート カレーマイスター
想い
美味しくて、元気になれる料理を提供するお店を開く”という夢を持ち、カレー店などで修業を積んでいました。カレーを選んだ理由は、私自身が大好きだったことと、自分の想いを一皿で表現できると思ったからです。そんな夢あふれる修業当時、更年期のような症状が現れ、体を壊してしまうことがありました。どうしたものかと困っていたときに、子供の頃から体調が悪くなると漢方薬を飲んでいたことを思い出し、試してみたところ、徐々に治っていきました。その経験から、同じような悩みを抱える方に、生薬を入れた“薬膳カレー”を作れないかと思ったのです。それから試行錯誤し、10年もの研究を重ねて、ようやく香食楽のオリジナル薬膳カレーを完成させました。 いまは、薬膳カレーを食べに来てくださるお客様たちが、「少しでも元気になってもらいたい」「笑顔になってもらいたい」と思いながら、お店を切り盛りしています。常連の方が二日酔いで来られたときは、肝を補うセロリをこっそりトッピングするなど、元気の手助けができるように心がけています。
PR
薬膳カレー&cafe 香・食・楽
食べログのカレー100名店にも選ばれた人気店。 「現代栄養学(栄養士)」と「東洋医学の薬膳学(国際薬膳師)」の知恵を生かした香食楽ならではの薬膳カレーは他では味わうことができない、カラダが喜ぶ一皿です。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:主菜

メイン食材:イワシ

材料(2人分)

イワシ(開き)
4枚
少々
こしょう
少々
a.パン粉
50g
a.アーモンドダイス
30g
a.ナツメ(レーズン適量でも可)
2個
a.ニンニク
1と1/2片
a.パセリ
1房程度
a.レモン汁
小1個分
a.パルメザンチーズ
大さじ1
a.塩
小さじ1/2
a.こしょう
少々
a.オリーブオイル
大さじ2
オリーブオイル
適量
b.パン粉
大さじ1
b.パルメザンチーズ
大さじ1/2
b.オリーブオイル
大さじ3
レモンの皮
適量

作り方

1) イワシの開きに塩こしょうをし、下味をつけておく。 2) パン粉をきつね色になるまで、から炒りする。 3) ナツメの種を取りみじん切りに、パセリとニンニクもみじん切りにする。 4) ボウルにaの材料を入れてよくまぜる。 5) イワシの内側全体に4)をのせて巻き、つまようじで留め固定する。 6) オーブン皿にオリーブオイルを適量塗り、イワシを並べる。 7) イワシの上からbの材料をそれぞれふりかけ、200℃のオーブンで12〜15分焼く。 8) イワシをお皿にのせ、つまようじを外す。レモンの皮をすりおろしたものをふりかけて完成。

作者コメント

イワシは脾の働きを助けます。補気(元気にしてくれる)作用もあるので、無気力、重くだるい、元気が出ない時に効果的です。 ナツメは別名「脾の実」と呼ばれるほど脾によい食べ物です。食欲不振や心身が疲れた時に体力、気力を補い元気を与えてくれます。

Summary
recipe image
レシピ名
イワシのパン粉焼き
作者
Published On