ヴィシソワーズ

このレシピの作者

齋藤 菜々子
氏名
齋藤 菜々子
ふりがな
さいとう ななこ
所属
料理研究家
有資格
国際中医薬膳師
想い
薬膳は、私も学び始めるまで「難しそう」「薬の入った料理」そんなイメージがありました。 きっと世間の大半の方は同じイメージをお持ちではないでしょうか。 でも、本当の薬膳はそれが定義ではありません。 生薬は使わなくてもいい。中華である必要もない。 日本人の私たちにごくごく身近で親しみのある食材たちも、様々に効能をもっているのです。 それを中医学の理論にのっとり、食べる人に合わせて献立されているものが薬膳です。 食事で作る健康こそ「継続」が大切だと思っています。なので「手軽で作りやすいこと」「おいしいこと」に一番にこだわり、レシピを考案しています。 私のレシピを通し、薬膳をより身近に感じてもらえたら嬉しいです。 よければぜひ日々の食卓の一品に作ってみてくださいね。 ご自身や食べる人をいたわる食事となりますように。
PR
齋藤菜々子Instagram @nanako.yakuzen
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、スーパーで買える食材のみを使い、取り入れやすい季節に合わせたおいしい薬膳をご提案。 座学では「薬膳とは?」に始まり、季節の特徴や食事ケアの仕方、伝統医学の生活への落とし込み方をなどをわかりやすくお伝えします。 現在、東京自由が丘にて薬膳の料理教室を開催中。レッスンの詳細、ご応募はインスタグラムをご覧ください。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:ジャガイモ

材料(2人分)

ジャガイモ
1個
タマネギ
1/4個
1カップ
牛乳
1カップ
生クリーム
50ml
固形コンソメ
1/2個
バター
10g
塩、オリーブ油
各適量
タイム
あれば

作り方

1) ジャガイモは皮を剥き、2~3ミリ厚さの半月切りにする。 2) タマネギはスライスする。固形コンソメは刻む。 3) 鍋にバターを溶かし、タマネギを炒める。タマネギがしんなりしたらジャガイモも加え、ジャガイモに透明感がでるまで炒める。 4) 水と固形コンソメを加え、沸いたら蓋をし弱火で10分煮る。ハンドブレンダーで滑らかになるまで撹拌する。(ミキサーを使う場合は粗熱をとってから撹拌する) 5) 牛乳と生クリームを加え塩で味を整え、冷蔵庫で冷やす。 6) 器に盛りオリーブ油をたらし、あればタイムの葉をのせる。

作者コメント

ジャガイモには「健脾」といい、脾の動作を正常に整えてくれる効能があります。 なんだか重だるい、倦怠感を感じるときは脾が弱まっていることが多いです。 同時におなかの調子も整えてくれるので、消化不良や食欲がわかない、食後の眠気が激しい時にもおすすめです。 スープにすると消化にも優しく食べやすいので、脾の弱まりを感じるときにぜひお試しください。 白が美しいスープなので、タマネギやジャガイモを炒める際決して焼き色を付けないのがポイント。 ヴィシソワーズは冷製スープのことですが、秋や冬には温かいまま食べてもおいしいですよ。


Summary
recipe image
レシピ名
ヴィシソワーズ
作者
Published On