豆乳ビシソワーズ

このレシピの作者

吉田 美枝子
氏名
吉田 美枝子
ふりがな
よしだ みえこ
所属
薬膳教室 吉田食堂主宰
有資格
国際中医師、国際中医薬膳師、中医気功整体師、ワインアドバイザー
想い
忙しい現代女性はすぐに「じゃぁ何食べればいいの!」と結論を急ぎがちですが、薬膳はオーダーメイド。一人一人によっておすすめの食材は変わってきます。また食事の前に生活習慣を見直すことも大切です。
食べ物だけでなく日々の養生を学べる教室を続けていけたらと考えています。
PR
食べるだけの薬膳教室「吉田食堂」
薬膳、中医学の話と共にお食事をお召し上がりいただきます。 難しい生薬は使わず、日常の食事の考え方のヒントになるようなお食事をご提案。
お料理教室はハードルが高くて…と思いがちな現代女性に食事を楽しみながら健康について考えるきっかけをご提供します。
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:豆乳 ジャガイモ

材料(2人分)

ジャガイモ
3個
タマネギ
1/2個
豆乳
400㏄
200cc
少々
少々
ローリエ
1枚
万能ネギ
少々

作り方

1) 鍋に油、タマネギの薄切りを入れ、塩を一つまみ加えてタマネギがしんなりするまで炒める。 2) 1) の鍋にカットしたジャガイモを入れて炒めなじんだら水を加え、半分に折ったローリエを入れジャガイモが柔らかくなるまで煮る。 3) 柔らかくなったら味を見て少し濃いめの塩味をつける。粗熱が取れたらローリエを取り除き、スティックミキサーで粉砕する。 4) すぐ食べきるなら3) に豆乳を入れてよく混ぜて冷やし、器に盛って刻んだ万能ネギをあしらう。保存するなら3) を空気に触れないようにラップをして冷蔵。食べる時に豆乳を加えて好みの濃度にし、刻んだ万能ネギをあしらって完成。

作者コメント

ジャガイモは脾の気を補い、疲れやだるさにいい食材です。スティックミキサーで砕いているので、胃の消化吸収の働きを助けることができます。季節の変わり目などで胃腸が疲れたときにいいレシピです。ビシソワーズ風としましたが、冷たくしすぎないようにしましょう。また温かくしても美味しくいただけます。

Summary
recipe image
レシピ名
豆乳ビシソワーズ
作者
Published On