カボチャと鶏だんごの味噌汁

このレシピの作者

關根 麻衣
氏名
關根 麻衣
ふりがな
せきね まい
所属
有資格
国際中医薬膳師 中医薬膳茶師 製菓衛生師
想い
「季節・場所・体質体調に合わせ、毎日、適量を摂る」 薬膳は、家庭で作る食事こそ、実践できるものであると思います。 なるべく手に入りやすい食材で、簡単に・美味しく・続けやすいメニューを心掛け、初めての方でも安心の基礎薬膳講座、さらに食材や季節の養生を学べる講座など、クラスによってご相談しながら少人数制のクラスを開催しています。(2名以上で催行) 薬膳やお菓子で、人生を楽しく、心を豊かに!そのお手伝いをできたらいいな、と思っております。
PR
薬膳とお菓子の教室tsukuu-ツクウ
日本中医学院 薬膳科講師
富士フイルム生活協同組合 薬膳教室講師
出張薬膳イベント開催
プロフィールをもっと見る

五臓:

種別:汁物

メイン食材:カボチャ

材料(2人分)

カボチャ(正味)
100g(1/8個)
鶏ムネひき肉
80g
小松菜
40g(1/2株)
大さじ1/2
おろしショウガ
5g(小さじ1)
少々
片栗粉
大さじ4
だし汁
400㏄(2カップ)
みそ
大さじ1

作り方

1) カボチャは蒸して熱いうちに潰す(耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジ加熱でも良い)。塩少々、片栗粉大さじ3を加えてよく練り(耳たぶ位の固さになるように加減する)、6等分にして丸めておく。 2) 鶏ムネひき肉は塩少々、酒、おろしショウガ、片栗粉大さじ1を加えてよく練り、4等分に丸めておく。小松菜は塩少々を入れた熱湯でさっと茹で、冷水にとってから水気を絞って食べやすい長さに切る。 3) だし汁を沸騰させ、鶏だんごを入れて2分経ったらカボチャだんごを入れ、中火で5分程煮る。火を止めて味噌を溶き入れ、小松菜を加えたら器に盛って完成。

作者コメント

脾胃の働きを高め、温めるとされている、カボチャ、鶏肉、みそを使って、目にも楽しいお味噌汁にしました。鶏だんごは手に水をつけながら丸めるとやりやすいです。鶏肉もカボチャも、一度潰してあるものなので食べやすく、脾胃を労わりたいときにおススメです。

Summary
recipe image
レシピ名
カボチャと鶏だんごの味噌汁
作者
Published On